2019年6月4日火曜日

CAMPASS 2019

千葉県柏市での、CAMPASS 2019に2年連続で出演させて頂きました。

ロケーション、子ども連れ、出てるバンドさん、出店、気候、
すべてが相乗効果で希有なフェスになってて
とても「気」みたいなのが良く、居心地がいい。

そんな中でのライブはまったりしがちですが、
全体的にはアコースティックな雰囲気でなく、
出てるバンドはわりとパンクやロックバンドが多い。
とてもそこらヘンの絶妙なラインナップが良く、好きなフェスの一つでもあり、
そこに連続で出させて頂く事は嬉しい事です。

フェスやイベントに出演させて限りは、
ライブをやる限りは、
何か、ひとつ思い出に残る(自他ともに)ライブにしたいなと思ってて、
思い出に残らないライブならやってる意味がそもそもないのですが、
この日は編成自体が新しいものだったので思い出に残らないなんてない日でした。

あとは、スケートランプで駆け上がろうとして、こけて、
左肩を殴打して、左腕があがらなくなり、生活が不便になっております。
という思い出もありつつ...、
「we have no choice」(Spotify、APPLE MUSICで聴ける新曲)を初めて生演奏したとかかな。


最近お願いしている新しいサポートギター乾くん、
初めてお願いしたサポートベーシストの鹿川くんを
ざっくりですが、ご紹介させて頂きます。

サポート陣を紹介していきたくてバンドをしているのではないのですが、
愛情をもっている人にお願いしてるが故、紹介したくなってしまうものです。
有名な方を狙ってサポートをお願いする事なく、好きな方にしかお願いしない。
有名なったらから、ギャラ高いとポイ捨てもしませんし、
有名な方のネ-ムバリューをお借りしているつもりもないです。
FBYサポートの方々は全員平等で、どなたも分け隔てなく大切に思っております。

ギタリストを迎える事自体FBY NEWSなのですが、
今年は15周年って事もあり、また変化していきたい元年としてはもってこいのパートで、彼はいわゆる「前に出るギタリスト」タイプではなく、
シンセや歌をしっかり理解した上で、空気よんでくれてスルっと入り込んでくれるギター系。
ユアロマンスをやってる時から良いセンスだな~なと思ってました。
作曲、サウンドプロデュースも出来る人材なので若い力としてとてもFBYにも刺激を与えてくれるかなと。
休譜をステージでも演奏面でも演出出来るセンスが良いです。
ステージ上のパフォーマンスも普段の会話もそうだけど、面白い。

鹿川くんは所属のHEALTHY DYMNAMITE CLUBのライブを数回見て、音源を聴いて
気になるベースだな~ってずっと思ってました。
ファンクベース上手いなーって。
一度音を一緒に出してみたいなと思ってスタジオお誘いしてみた。
実は最初に誘ってからもうだいぶ時間がたってしまってたけど、
リハやライブをやってみて、
僕らのツボをきちんと見抜いておさえてくれるベーシストだなと思いました。
20代にして上手だし、彼もまたFBYに刺激を与えてくれる。
ベースだけでなく電子工学の才能もあり(言い過ぎ?)そのあたり絶対何か大きい事が出来そうな方なので、期待と無茶ぶりをしていければなと思っています。

動物好きで、うずらが好きで「オスとメスを見分けるAI」をつくったらしいです。
良くわからない領域ですが、話し聞くとすごいー笑
出てくる出てくる面白く、興味深い話!

2人とも将来ある20代。
年の差はもちろんあるものの呑みに行ったりするとくだらない話で盛り上がれる、
そういうバイブスもった方が好きなので、
15年やってくれてるチャーベくんやたいち、
他のサポートメンバーにもかわいがって絡んでもらえるのではないかなと楽しみにしています。
ABY ARMYの皆さんともすぐ仲良くなれそうだよー!


今回は、若者2人と、おじさん2人と、生演奏と、同期演奏と
「どこまですりよせられるか?」がテーマでした。
やればやるほど同期演奏って深くて、毎回良い点、悪い点課題が出てくる。それがいいですよね。
見に来てくれたお客さんも僕らやスタッフタカヒロにバシバシそういった音楽の話し、話しかけてほしいです。
一緒にFBY を創ってください!



参考までに僕が好きなMVを。
YOUR ROMANCE

HEALTHY DYMNAMITE CLUB


乾アカウント @darebear_i 
鹿川アカウント @ikenotaira123

彼らの活動も素晴らしいのでcheckです!


今年に入って「we have no choice」1曲しか新曲創ってないから、創りたいな。
ゆるーくて、凄く外国人が創りそうな曲(洋楽)っぽいの。


それと、9/13の執念の周年のFEVER。
チケットの先行販売がはじまってます。

お早めに宜しくお願いします!!





BY TGMX



2019年5月27日月曜日

GOOD TIME BOYS のvol.0 @ スタジオオリーブ

GOOD TIME BOYS のvol.0が修了しました。
来てくれたみんな、ありがとうございました!

PCとの同期で踊らせられるのか?
踊ってくれるのか?
みんな踊れるのか?

色々な思い、不安がありましたが、
2人でのセット、予想以上に面白かった!!

ライブでも言ったけど、ただ適当にカラオケかけて、適当にあわせる、、、
ではないのです。
いわゆる口パクではない。
オケ(トラック)をつくって、そのオケ(トラック)とどう共演、共存して、みんなを踊らせるライブがやれるか。
細かい仕掛けやネタばらしは「ヤボ」になるので書きませんが、
壮大な仕込みがあったのです。
MOP of HEAD のジョージに、ライブで映えるためのトラックメイクを手伝ってもらって、年始からちょっとずつ僕らの技術革新も含め積み上げてきました。

が、ライブがはじまれば、そんな理屈はどうでもいい、ライブはライブで、
灼熱すぎてPCがとまって音がとまってもライブ。
僕ら2人とPCで、ステージ上で何が出来るのか?って事が重要。

燃え上がりすぎるとPCからのトラックとリズムやノリがあわなくなっていくるし、
PCから出るオケ(トラック)とやりあいつつ盛り上がっていくストイックな世界(笑)

今年でFBY15周年で、
今年からまた色々と挑戦していくそのひとつとして「ライブ編成の非固定化」があります。
数年前にギターが抜け、新しいサポートメンバーと「固定」させるテーマは一度しっかりとスタッフ含め創りあげ、無敵な感じまで仕上げられたのではないかなーと感じてて、今後はそのその逆もやりたいなと。
言わば僕らのスタンダードとこういった挑戦をどう混ぜて変えていくかの活動。

受けないかも~、ダメかもな~って思ってましたが、とにかくやってみたかったので、やってみた。
それで、やってみたら予想をはるかに越えて、良かったし、みんなも楽しんでくれてるって実感出来たし、みんなのFBYに対する熱量を感じれた日でした。

こういうバンドマンとしての本当の興奮は、自分たち次第で15年たっても変わらず得られる、真面目にやるとバンドって面白いですね。

そういった今の僕らの考えに近いあり方をしているような、STUDIO OLIVE。
あの場所は、リハスタジオでありライブハウスであり、集う場でもあり、本当に好きだ。
自由で自作な感じが特に今のFBYにフィットしてた。
というか、イチセがそういう好きな事やって~って誘ってくれたのが大きかったし、
「オレ、なんならベース弾くよー」と。
そういうのも極、軽くやりたいなと思ってたから、良かった。有難かった!

またもちろんオリーブでも、他の街でも、あんなライブやりたいなー。
風変わりなライブ、楽しかったです!


さて、僕ら15周年、なるべく「活動を我慢する活動」を敢えてしておりますが(笑)
周年を記念する、記録、記憶するライブをします!!


9/13 (金)新代田 FEVER でワンマン決定!
企画タイトルは、
「PUTA'S FEVER」

一部報道による、
LAST NIGHT ではないです(笑)

ずっとお世話になってきてる新代田FEVERは、10周年で、ダブルネーム企画!!
どうぞ、僕らの周年、執念を見にきてくださいね。
勿論、古い曲もやりますし、新曲もやりたいと。
どんな編成でやるかはまた改めて。


さぁーーー
次のライブはもう今週末!!
千葉県柏市しょうなん夢ファームでの「campass」
昨年も出させて頂いたけど、すごく雰囲気の良いfesでした。
チビッコも参加全然大丈夫!

先ほどの述べましたが、
同じ編成でのライブはしないので、また新しい感じでございます!!



9月13日(金) 新代田FEVER
OPEN 19:00 / START 19:30 前売り¥3,500(立見、D別)
「PUTA'S FEVER」

TICKET INFO
一般発売:6月1日(土)
ぴあ(P : 154-066) 
ローソン(L : 70847)
e+
FEVER


CREDIT
お問い合わせ: 
SMASH 03-3444-6751
http://www.smash-jpn.com

新代田FEVER
http://www.fever-popo.com/





BY TGMX

2019年3月30日土曜日

デラIMAIKE GO NOW

長年、無精ヒゲ面でおなじみでしたが、色々かわっていきたくて、
オジサンになったので、キレイなオジサンになりたいので、
ヒゲをそっていこうかなと思い、毎日キレイにしてるのですが、
ヒゲを剃るのって面倒ですねw 
永久脱毛したいです、そんな青い春です。

かなりの頻度で出させて頂いてます名古屋、今池での
IMAIKE GO NOWというサーキットイベントに先週出演してきました。

主催の名古屋のイベンターJAIL HOUSEが好き、
担当の土屋さんはじめスタッフ皆様が好き、
関係ライブハウスの方が好き
という理由はもちろんの事、
出ているバンドが音楽的に個性的な部分がある気がしてて、とても刺激をうけます。
そういう事がこの主催の方の狙いでもあるのか...は知りませんが。

来ている方も自分の尺度で好きな音楽を見つけられてて、楽しむ方法をわかっている方々、
そういう事もあいまってすごく雰囲気が良く、僕らもどこの会場でやらせて頂いても気分がいいと思えるサーキット。
また来たいな、また来年も出たいな、と思わせてくれます。

初めてTOKUZOUでライブさせて頂きました。
弾き語りライブなどでは何度も来てて、FBYでやってみたい箱だったので、念願かなった感じです。

FBYのサポートのみんなは正直みんなめちゃくちゃ毎日忙しい。
そんな中、奇跡的に集まってリハを繰り返し、
僕とTDCを中心にみんなと絡ませてもらいつつ奇跡的なライブをする。

ホストが僕ら2人でないと当然出来ない事だと思ってるし、
お願いしているサポートのみんなでなければ成り立たないFBYのステージは、
まー、最高だろうと自信をもっています。
そんな信頼をおけるサポートメンバーを大切にいつも思っています。
楽しんでもらってるお客さんも一緒です。大切。
ステージ上の僕らだけでは良いライブは出来ない。
お客さんあって、熱があっての事だといつも思っています。
次、いつ名古屋に来れるか現在決まっておりませんが、必ずや、です。
次の年号で、新しい気持ちで逢いましょうねー!

2日間、やらせて頂きましたが、楽しかったけど、もし来年出させてもらえるなら、
来年はもっと楽しく出来る気がしてます。そうなるといいなって。

LOW IQ 01での通りすがり、飛び入りステージ、
翌日のTGMX弾き語りもありがとうございました!
いつもどこでも全力で楽しむのです。
後悔などあろうことがない。


BY TGMX 

2019年3月14日木曜日

「GOOD TIME BOYS」

なんか久々ですね。
冬っつーか、春っつーかですね。
毎日時間に負われ、アレですが、BLOG UP。

もう発表になってちょっと経ってますが、
5/26 (sun) 横浜 STUDIO OLIVEで、 
今年15周年を迎えるFRONTIER BACKYARD 、TGMXとTDCによる2人編成で
自主企画「GOOD TIME BOYS」の、vol.0 を開催します!

今年15周年、やりたい事をどんどんやってみちゃう!(`ω')

STUDIO OLIVEは
アスパラガス一瀬の経営する箱でやらせてもらうって事で、
一瀬さんにも何かお願いしちゃおうかなーと。

STUDIO OLIVEは大好きな場所で、
今まではTGMXの弾き語りなどは椅子席で色々なイベントを幾度となくやらせてもらってきましたが、
アコースティックなどではナイです。
スタンディング(`ω')

TDCはちなみにオフォシャルではOLIVEでのライブは初!(ウソでしょ?)

日曜の早い時間から、春ビールのんで、踊ってほしいです!(`ω')

プロトタイプなライブになるかもなので、
冒険をたくさん、なるべくします!
大事なライブ、今から楽しみに準備してます!


この15周年のタイミングで、
『もう、焦点をズラしちゃおう!』という事で
結成当初にアーティスト写真に使った場所で、
カメラマン橋本塁と「いかにピントをはずし、芸術的にブレさせカッコいい写真が撮れるか?!」
をテーマに寒空の中、撮影。

2019年にふさわしい「良いアーティスト写真」が出来ました。
ブレずに行くぜー!


FBYは、
3/23 名古屋IMAIKE GO NOW や、
4/20 吉祥寺でのCRAFTROCK CIRCUIT '19
の出演も発表になっていますよー。
色々発表になっていきます~!



詳細は下記BLOGです!


明日、私は久々のTHE DEKITSのライブで志賀高原にいきます。
TDCは、ちゃんみなのライブですかねー。
2人とも元気であります。




BY TGMX 








2019年3月4日月曜日

【FRONTIER BACKYARD presents GOOD TIME BOYS vol.0】

今年15周年を迎えるFBYが自主企画「GOOD TIME BOYS」の vol.0 を開催!
5/26 (sun) 横浜 STUDIO OLIVE 
新編成でのライブです!

【FRONTIER BACKYARD presents GOOD TIME BOYS  vol.0】
5/26 (sun) 横浜 STUDIO OLIVE 
OPEN 16:30 / START 17:00 
ADV 3,500yen (1ドリンク代別途)

予約方法
2019年3月4日(月)20時から受付開始。
以降、予定数に達するまで受付致します。

チケットのご予約は
studioolive21@gmail.com
にてメールのみで受け付けます。

予約はおひとりさま1回2名様まで。
ご応募の際、フルネーム、ご連絡先を必ずご記入ください。
2名様でご予約される場合は、2名様分のフルネーム、ご連絡先を必ずご記入下さい。
上記の記入忘れが大変多いので、メールを送信される前に必ずもう一度ご確認ください。
また、ご応募が重複してる場合、2名様で交互の応募でも無効とさせていただきます。
あきらかに2回メールを送ってしまった場合などはこちらで配慮しエントリーいたします。
応募が多数の場合は抽選とさせていただきます。先着順ではございませんのでご了承ください。

当選された方のみにこちらからメールを送らせていただきます。
パソコンからメールをお送りしますので、受け取れるように設定しておいてください。
*なお、当選メールを受け取られた方は空メールでもけっこうですので「当選確認」のご返信を必ずしていただきますよう、お願い致します。ご返信がない場合は「当選無効」となりますのでご注意ください!

【お支払いについて】
料金は当日入場時にお支払いいただきます。
その際、フルネームと当選番号を確認しますのでお忘れのない様お願い致します。
2名でご応募されたお客様で別々にご来場される場合は最初にご来場されたお客様から
おふたり分の入場料及びドリンク代をいただきます。

【キャンセルについて】
ライブ当日の2日前5月24日(金)までに
スタジオオリーブ
045-333-4883 までお電話ください。
2名様のうちお一人が、来れない場合も同様です。
連絡いただけない場合は全額お客様の負担になります。
お一人が急遽当日来れない場合なども連絡がなければ
2名様分のチケット代をいただきますのでご了承下さい。

天王町STUDIO OLIVEまでのアクセスはこちらで確認できます。
http://www.olive24.com/

FBY STAFF



2019年2月3日日曜日

FBY WEB STORE

WEB STOREにてレコ発ツアーから販売開始していた商品の
販売を開始いたしました。

是非ご覧ください!

FBY STAFF


from PUNK to FUNKY_TECH  (Long Sleeve TEE)
Color:Black/White
Size:S,M,L
¥3,500
















FBY UNDER_A_GROOVE TEE
Color:Black/White/Gray
Size:XS,S,M,L,XL
¥2,500
















FBY HOPE TOWEL
¥1,500




2019年2月2日土曜日

#We have no choice 歌詞

FBYの新曲"We have no choice"
下記で聴けます!
感染力の強い曲です。

皆さま、くれぐれもインフルなどにお気をつけて。


APPLE MUSIC

Spotify


1/29 O-WEST のセットリストのプレイリストはこちら!





#We have no choice    

Many difficult situations went past 
We had many experiences
But We no longer have the same things now
We don’t have the past or the future

Even if we fall down
from the top of the mountain 
We have no choice but to close our eyes and 
be quiet baby  baby  baby !

Sadly, we can’t run from the city’s bad vibes
Absorb sounds with cell in our bodies
Sadly, we can’t run from the city’s bad vibes
Receive emotions only from this place now
wow

I want to cut out only the good parts 
and infect you with it



いろんな事情が通り過ぎた
いろんな体験をしてきた
けど、僕達にはもう同じ場所はない
僕らには未来もなく、僕らには過去もない

のぼり詰めた山の頂上から一瞬で転げおちても
目を閉じて息を潜めて じっと待つしかない

残念ながら僕らは街中の邪悪な空気から逃げる事は出来ない
体中の細胞に音を取り込んで
今、ここだけで出逢える感情だけを手にするんだ
WOW ... 

良い事だけ切り取りとってキミに感染させたい



BY TGMX